上がったヒップと腰痛予防に中臀筋

正しい姿勢と歩き方、美しいボディラインのためには、『お尻の筋肉』がポイントの一つとして挙げられます。

お尻の筋肉には、大きく2つあります。
1つは、『大殿筋』。大きくお尻全体を覆っており、脚を後ろや横に動かすために働きます。もう1つは、『中臀筋』。お尻の横側にあり、脚を横に上げたり、股関節を支えたりします。今回は中臀筋についてお伝えします

中殿筋は大殿筋と比べると小さいですが、骨盤と大腿骨を固定する重要な筋肉です。
中臀筋の主な働きは、「股関節の外転(足を横に開く)」。

※そのほか、「股関節の内旋(足を内側に捻る)」「股関節の外旋(足を外側に捻る)」も担います。


なぜ、中臀筋の主な働きは股関節の外転(足を“横に”開く動き)であるのに、縦の動きである歩行に重要なのでしょうか?
それは、各筋肉が単品で働き一つの面上の動きをする場面というのはほとんどないからです。私たちの動作は各筋肉が協力し合いながら多面多軸で生み出されているからです。

例えば、スクワットでは中臀筋がしっかりと働くことで、スクワット時に膝が内側に入らないような細かい動きをコントロールしてくれます。
そのため、大臀筋、大腿四頭筋、またハムストリングスなどの大きな筋肉が最高のパフォーマンスを発揮することができています。

では、『歩くとき』で考えるとどうでしょうか?
脚を上げた瞬間(片足立ち)に股関節を固定し、骨盤が下がらないようにしています。
この筋力が低下すると、歩行時に骨盤が下がり、お尻を横側に突き出すような歩き方になりやすいです。街中を行く若い女性や高齢者に多く見られるようです。

美しいボディラインのためにも、中臀筋は大切です。お尻の脂肪組織や大殿筋が重力で下がるのを支えてくれる作用があるからです。
また、腰痛予防の効果も期待できます。

 

中臀筋がしっかりと働くように刺激を与えて、安定した美しい歩き方、素敵なボディラインをつくっていきたいですね!