反り腰の下腹ヤセ


反り腰の姿勢で、さらに下腹がぽっこりしている。

この悩みはほぼセットで起こってきます。

なぜか?反り腰になると、お腹の筋肉が緩んで弱くなるため、その結果、下腹がぽっこり出てくるからです。

 

~ちょっと詳しく~

反り腰とは、本来正しくあるべき腰の弯曲(緩やかに前弯していること)が、過剰に前に弯曲していることをいいます。それにより、骨盤が前に倒れてしまい、腰が固く緊張した状態になるため、反対側の腹筋(下腹)が前に押し出されて伸ばされてしまうのです。


反り腰の原因は

加齢・妊娠や肥満による体型変化・環境要因(ヒール高い靴を履き続ける、デスクワークで長時間座位)により、

「腹筋・太もも裏の筋力低下」「腸腰筋や大腿直筋の柔軟性の低下」が考えられます。

 

 

反り腰の人は一見、背筋が綺麗に見えたりしますが、正しい姿勢ではありません。

背筋が過度に緊張している状態であり、本来は背筋(ハイキン)はリラックスしており、中のインナーマッスルにより背がスーッと伸びた状態を作ることが大切なのです。

反り腰姿勢の人は、下腹部ポッコリ以外にも、腰痛や股関節のトラブル、肩こりでお悩みの方が多いです。

ただし、下腹痩せのために、腹筋運動をしても効果はほぼありません。

なぜか?下腹部の筋肉はほぼ伸び縮みしない構造なので、動いているのはおへそよりも上の筋肉なので、腹筋で鍛えられるのは下腹ではなくお腹の上の筋肉です。そのため、下腹痩せには無意味なのです。

ではどうしたら?

反り腰タイプの下腹痩せには、

① 働きやすくなる「腰まわり」「太もも前」を使いにくくする・伸ばして柔軟性を上げ つつ

② 弱くなりがちな「お腹」「太もも裏」に刺激を与えることで、

解消に繋がりやすくなります!


BODY-WALKでは女性の個人個人の悩みに合わせたボディメイクを実施しております!

今まで様々なダイエットを試したけどダメだった…一度ボディメイクの専門の人からのアドバイスを受けてみませんか?完全予約制のマンツーマンです✨

体験は5,000円(税込)、月20,000円のオンラインパーソナルも実施中!お気軽にお問合せください!

➡こちらをクリック