· 

高血圧の仕組みを知って、脱降圧剤!

高血圧の現状

 

「高血圧」は国民病の一つとなっています。

厚生労働省が3年ごとに行っている「患者調査」の平成26年の調査によると、

高血圧性疾患の総患者数は、1,010万8,000人!

第2位の歯肉炎および歯周疾患の331万5,000人とは一桁違いとなっています。

しかも、この人数は前回の平成23年の調査よりも約105万人増加しているのです。

 

「高血圧は自覚症状なしに進行する、サイレントキラーです。このままでは、脳卒中や心臓病を起こし、ある日突然命に関わる重篤な症状を引き起こします。なので薬を飲みましょう」

このようなことが医療現場では日常的に交わされていると思います。

 

そして実際、降圧剤は日本で最も消費されている薬です。

平成26年の厚生労働省の「医薬品薬効中分類別生産金額」では、血圧降下剤と血管拡張剤を合計すると、

全体の11.4%を占め、金額にすると7,525億8,700万円なのです。

 

でも、ちょっと考えてみましょう。

血圧が上がったから、薬の飲んで下げるというのは対症療法に過ぎないということです。

なぜ、血圧が上がるのか…根本を見直すことが重要ではないかと私は考えます。


そもそも血圧とは?

 

私たちの心臓は、力強いポンプ作用により24時間休むことなく血液を送り出しています。

心臓の収縮によって血管内に生じる圧力のことを「血圧」といいます。

 

●心臓が収縮して血液を送り出したときに動脈に加わる圧力が、収縮期血圧(最大血圧)

●心臓が拡張して血液をためこむときに動脈に加わる圧力が、拡張期血圧(最低血圧)

 

ただし、この数値も決して一定であるわけではありません。

朝は1日の活動をはじめるために血圧が上昇、就寝とともに下がります。

また激しい運動をすれば筋肉や脳にたくさんの血液と酸素を送り出すために上昇します。



血圧が上がる理由

 

血圧が上がる理由は主に2つあるといわれています。

 

1つ目は「肺の衰え」です。加齢とともに肺活量が少なくなると、必要な酸素を脳や全身にスムーズに送ることができなくなってしまいます。

そうすると、心拍数を上げることによて酸素を安定させようとします。血圧が高くなるのはこのためです。

血圧が高くなる背景には肺の衰えがあるからこそ、肺活量を上げることによって酸素を送り届ける力が高まれば、心臓も過剰に働かなくて済むため、血圧は自然と下がります。

 

2つ目は「筋肉の硬さ」です。運動不足などによって筋肉が使われなくなることで、伸縮性が悪くなり筋肉はレンガのように硬くなってしまいます。硬くなった筋肉は、周囲を走っている血管を圧迫し、血流を悪くします。

血管も「平滑筋」という筋肉でできているので、動かないことで血管も硬くなってしまうのです。


血圧を下げるためにできること

 

では、血圧を下げるために普段の生活ではどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

 

① 運動

ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は心肺機能を高めるので、肺活量が増えます。肺活量が増えれば、心拍数が増えるので心臓への負担が減り、血圧が下がります。

それだけではなく、全身の筋肉が使われ伸縮性が増すことで、血管の柔軟性が取り戻され、血圧が下がります。

② 食事

高血圧の原因といえば、「塩分のとりすぎ」が良く知られています。しかし、高血圧にはそのほかにもさまざまな原因があると言われています。

 

1988年に発表された32か国52か所、約1万79人(20~59歳の男女)を対象に行われた「インターソルト・スタディー」によると、1日の食塩摂取量が6~14g以内の人には食塩摂取と高血圧発症に相関関係がみられなかったということです。

また、厚生労働省の国民健康・栄養調査によると日本人の食塩摂取は平成16年では11.2gでしたが、平成26年では9.9gまで減っています。にも拘わらず、高血圧患者は増えていく一方です。

このことから、塩分摂取量と高血圧の関係性は低いと私は考えます。

 

では、何がいけないのでしょうか?

私は他のミネラルを摂らずに塩分(精製された塩:塩化ナトリウム)ばかりを摂取していることだと考えます。

塩分は私たちの身体で大切な働きをします。塩(Na)が不足すると、口渇感・頭痛・吐き気・血圧低下・倦怠感などを招きます。

ただ、塩分のみに偏り、マグネシウム・カリウム・カルシウムがバランスよく取れていないと腎臓で余分な塩分をうまく外に排泄することができないので、結果血圧が上昇してしまいます。

 

 ・マグネシウムは動脈を拡張させ、血圧を低下させる作用があることが明らかとなっています。

 ・カリウムは余分な塩分(ナトリウム)を排出させる作用があります。

 ・カルシウムは不足することで、血管の筋肉を収縮されるため、血圧が上がります。


BODY-WALKではいつまでも健康で美しくいるための

運動・栄養療法を提供します

今回は『高血圧』に焦点を当ててお話ししました。

高血圧は薬を内服すれば簡単に低下します。しかし、薬というのは、ほとんどが合成物ですから人間の体にとっては「異物」・身体の中に入った薬は本人が感じるか感じないかにかかわらず、様々な影響を良くも悪くも及ぼすことになります。そのような薬を、急場をしのぐためだけではなく半永久的に飲み続けたら、いったい体にはどんな影響を与えることになってしまうのでしょうか?

 

BODY-WALKでは、できるだけ薬に頼らず、「体の中から健康で美しく」をテーマに

健康の根本となる『栄養(食事)』と『身体づくり(運動)』のサポートをしています!

・正しい姿勢と歩き方は 健康ウォーキング教室

・短期間で理想のカラダ 女性専用パーソナルトレーニング

・身体の縮みを治して不調改善 ゼロトレ・姿勢矯正

・細胞から綺麗になる食事 YTBメソッド食事指導



<参考文献>

・加藤雅俊著(2017).薬に頼らず血圧を下げる方法.アチーブメント出版

・宇田川久美子(2018).それでも「コレステロール薬」を飲みますか?.河出書房新社

・マグネシウムは不足しがち 血圧を改善し体内時計の調整にも役立つ.糖尿病ネットワーク.2016-7-28.https://dm-net.co.jp/calendar/2016/025779.php(2020.2.19アクセス)

・カルシウム不足と高血圧.カルゲン製薬株式会社.http://www.calgen.co.jp/column/020.html(2020.2.アクセス)