· 

悪玉コレステロールは悪者ではありません!


「コレステロール」という言葉は大人の方でしたら誰もが一度は耳にしたことがあるかもしれません。

では、コレステロールとはどのようなものなのか皆さんはご存知でしょうか?

コレステロールはよく『悪玉』『善玉』という言葉で表現されていますので、

・悪玉は高いと体によくない

・善玉は低いと体によくない

というイメージがついている方が多いのではないかと思います。

そんなコレステロールについて正しい知識や情報を得て、ご自身なりの正しい判断にたどりつける一助になれるよう、分かる範囲の内容をお伝えしたいと思います。


コレステロールのはたらき

コレステロールはギリシャ語の「chole=胆汁」と「sterol=個体」の複合語です。

コレステロールは身体を構成するために必須の物質であり、体内のいろいろなものを作ってくれる大切な物質の一つです。

 

① 胆汁酸の原料…脂肪や脂溶性ビタミンの消化吸収「いつまでも元気に!」

食べ物に含まれる脂肪(肉・魚・食用油・卵など)は十二指腸から分泌される消化酵素の「リパーゼ」により消化(乳化)されたのちに、『胆汁酸』と混ざることで小腸に送られ、効率よく吸収されます。この『胆汁酸』の材料となるのがコレステロールなのです。

胆汁酸は脂質のほか、脂溶性ビタミンの吸収も助けますから栄養消化吸収には欠かせません。

つまり、栄養素の消化吸収にコレステロールが必要不可欠ということなのです。

 

② 細胞膜の原料…物質やエネルギーの出入りをスムーズに「つや肌をキープ」

私たちの身体を構成する約60兆個の細胞膜の材料もコレステロールです。コレステロールがない状態だと、丈夫な細胞膜をつくることができません。細胞膜は細胞内部を保護したり必要な物質やエネルギーを出入りさせるという役割があります。丈夫な細胞膜をつくり機能を高めるためにも、コレステロールは重要です。

 

③ 神経細胞の原料…正確な情報伝達「記憶力・集中力アップ!認知症予防」

コレステロールの4分の1は脳に存在します。そしてその大部分は神経細胞の軸索を包み保護している鞘(ミエリン鞘という)にあります。ミエリン鞘は、脳から体の各部分に神経情報が伝達されるとき、情報がほかの回路に迷うことなく正しく伝えられるような役割を果たします。

つまり、コレステロールは神経細胞の原料となり様々な情報伝達をスムーズにするために重要ということです。

 

④ ホルモンの原料…副腎皮質ホルモン、性ホルモン「血糖のコントロール」「女性(男性)らしさ」

人間の副腎は、重量がおよそ12gの小さな臓器ですが、体内で最もコレステロールの含有率の高い臓器です。副腎は皮質と髄質に分かれており、皮質の部分で約50種類のホルモンがつくられています。副腎皮質ホルモンは抗炎症作用や糖質の代謝など生命維持に欠かせない役割を担っています。

また、精巣でつくられるアンドロゲン(男性ホルモン)、卵巣でつくられるエストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)の原料もコレステロールです。

コレステロールが少ないとこれらのホルモンが十分に生成されません。


卵はコレステロール上昇に影響を及ぼすのか?

コレステロールは実は食事からが20%、残りの80%は体内(肝臓)でつくられます。

 

通説で「卵はコレステロールを上げるから1日1個まで」と言われていましたが、アメリカ鶏卵協会(American Egg Board)をはじめとする数々の研究結果から、鶏卵の摂取量と心臓病のリスクの関係を示す事実はない』との報告がありました*1。

 

また薬剤師・栄養学博士である宇多川久美子氏は「卵や他の食品からコレステロールを多く摂取しても、それだけで体内のコレステロールが増加するわけではない」「数々の実験が〝卵の摂取量はコレステロール値には影響しない”ことを証明しています。」*2と述べています。


 

ではなぜ、コレステロールは高くなってしまうのでしょうか?

体内では、血液中のコレステロールの濃度を一定に保つために女性ホルモン・甲状腺ホルモンなど様々な仕組みが関わっています。しかし、これらの調節の仕組みが上手くいかなくなるとコレステロールは高くなってしまいます。

調節の仕組みが上手くいかなくなる原因として、具体的には肝臓でコレステロールの合成が増える(肝機能の異常)、中性脂肪の増加(中性脂肪が上昇するとHDLコレステロールは減少する)、ホルモンのバランスが変わる、細胞におけるLDL受容体の減少など*3があります。

コレステロール上昇しないように様々な良質な脂質・アミノ酸が含まれている卵を控えることよりも、ホルモンバランスを整えたり、質の悪い油(トランス脂肪酸、酸化した油)を避けるほうが賢明かもしれません。


コレステロールに善悪はない

ここでよく耳にする「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」についてお話します。

善玉コレステロール=体に良い、悪玉コレステロール=体に悪い というイメージがついてしまいがちですが、そうではありません。

 

名前が異なるので2種類のコレステロールが存在すると思われがちですが、体内における役割の違いで善玉と悪玉にわけられているだけで、コレステロールは1つです。

コレステロールは脂質なのですが、このままでは血液に溶けないので「リポたんぱく」という形タンパク質のカプセルに包まれた状態で血液に乗って、身体の必要な各所に運ばれていきます。

 

リポたんぱくには分子の大きさによって5種類存在するのですが、その中でも有名なのが

 

・LDL(Low Density Lipoprotein):低比重リポたんぱく(分子量が小さいリポたんぱく)。これとコレステロールが結合することで『LDLコレステロール(通称、悪玉コレステロール)となる

・HDL(High Density Lipoprotein):高比重リポたんぱく(分子量が大きいリポたんぱく)。これとコレステロールが結合することで『HDLコレステロール(通称、善玉コレステロール)となる

 

なのです。

LDLコレステロールのはたらきは、肝臓から全身の細胞にコレステロールを届ける役割を果たします。LDLコレステロールがあることによって、上記のようなコレステロールの機能が十分に発揮されます(胆汁酸の原料、細胞膜をつくる、神経細胞の原料、ホルモンの原料など)。

しかし、必要以上にコレステロールが血液中に増えてしまうと、使われずに残った血液中のコレステロールが、動脈壁に次々と入り込み、動脈硬化を起こしやすくなります。これが、LDLコレステロールが「悪玉」と呼ばれる理由です。

※厳密にいうと、活性酸素などの作用によりLDLが酸化され酸化型LDLに変性する。酸化型LDLは血管壁を傷つけ、健康な血管が本来もっている血管拡張作用を失います。酸化型LDLが血管壁に付着すると、その処理をするために白血球の1種である単球も血管壁に入り、マクロファージに変性して酸化型LDLを捕食します。そのうちに動けなくなり死んでしまいます。その死骸が『プラーク』とよばれる粥状の物質となり血管壁にこぶのようにたまることで、動脈硬化を引き起こします*6)

 

しかし、LDLが不足するとうつやアレルギー、性欲低下、胃もたれ、細胞膜の脆弱化による赤血球破壊(溶血)が起こりやすくなります*4。また、コレステロールは上述のようにタンパク質と結合して運ばれていくため、低コレステロールはタンパク質不足も意味します*4。

 

一方、HDLコレステロールのはたらきは、血管にある余分なLDLコレステロールを肝臓に戻す「回収係」のような役割を果たします。HDLコレステロールが余分なコレステロールを回収することから、動脈予防の予防に繋がります。これが、HDLコレステロールが「善玉」と呼ばれる理由です。


ですが、さきほども述べたようにコレステロールに善悪はなくあくまでも種類は1つです。

HDLとLDLが多すぎず・少なすぎずバランスよく血液中にあることがいつまでも健康で美しくあること(細胞から健康に➡その先に美しく!)に繋がります。


どのくらいが理想値?

日本動脈硬化学会では、

HDLコレステロールの基準値は40~110㎎/dl、LDLコレステロールの基準値は40~119㎎/dl*3と定めています。

 

しかしLDLコレステロールが低いほど総死亡率が上昇し、100㎎/dl未満なると急上昇し、120~139ml/dlがもっとも総死亡率が低い*2というデータもあるようです。

このことから、LDLコレステロールが極端に低いことは死亡率上昇に繋がる可能性があります

 

一方、HDLは高ければよいかと言われればそうでもないようです。

現段階では、HDLコレステロールが低いことは冠動脈疾患の危険因子になることは先行研究で明らかになっていますが、HDLコレステロールが高いほど動脈硬化を抑制するという明確なエビデンスは存在していません。また、HDLコレステロールが高くても、LDLコレステロールを回収する本来の機能が発揮できていない可能性も示唆されているようです*5。(高HDLコレステロールは一般的に110mg/dl以上を言う場合が多いそうです)

 

以上のことから、宮澤賢史医学博士が提唱する、一般の検査基準ではなく分子栄養学に基づいた基準値がタンパク質の充足も加味すると理想値ではないかと考えます*4。

・LDLコレステロール:110~130㎎/dl

・HDLコレステロール:70㎎/dl


理想値に近づくための生活習慣を!

では、LDLコレステロールとHDLコレステロールが理想値に近づくためには何に気を付ければよいでしょうか?

まずは『生活習慣(食事、運動、喫煙、ストレスなど)の改善』です。

 

コレステロールが高いからといって、すぐに薬を飲むのは避けたいものです(医師からの指示がある場合には、その指示に従いましょう)。

対症療法にすぎないですし、薬には副作用というものが必ず存在します。薬というのは殆どが合成物ですから、人間の身体にとっては「異物」です。その異物を急場をしのぐだけではなく半永久的に飲み続けたら、身体にとって良い影響だけではなく正常な組織の働きに悪い影響をもたらす可能性もあるわけです。


 

日常生活改善の際に気を付けたいこと。下記2つの目的を意識することです。

① 活性酸素によるLDLコレステロールの酸化(超悪玉コレステロールの生成)を抑制する

② HDLコレステロールを増やしてLDLコレステロールと中性脂肪の値を正常にする


BODY-WALKでは「いつまでも健康に美しく!」をサポートをします

長々となりましたが、具体的にどんな生活を送るか?どんな食事をとるか?については

BODY-WALKでご案内させていただいております、「パーソナルトレーニング」「健康セミナー」「パーソナルストレッチ(姿勢矯正・ゼロトレ)」でお客様の個々のライフスタイルに合わせてご提案させていただいております。

 

一番のおすすめはオーソモレキュラー栄養療法(分子栄養学)を摂り入れた体質改善を目的とした3か月間の食事指導「YTBメソッド(2020.6~予約受付中)」です(詳細はBODY-WALKのinstagramまで)

 

ご興味のある方は是非、お問合せフォームにお気軽にご連絡ください!➡「問い合わせフォーム」


<参考>

*1 卵の栄養機能とアンチエイジング効果 第2回 卵のコレステロール悪玉説、一般財団法人 食品分析開発センター、http://www.mac.or.jp/mail/170701/02.shtml(2020.3.1アクセス)

*2 宇多川久美子著、それでもコレステロール薬を飲みますか?、河出書房新社、2018、P22・69

*3 コレステロール摂取に関するQ&A、日本動脈硬化学会、http://www.j-athero.org/index.html(2020.3.2アクセス)

*4 宮沢賢史、医者が教える「あなたのサプリが効かない理由」、イースト・プレス、2018、P114

*5 高HDLコレステロール血症には動脈硬化抑制機能があるか?、日本医事新報社、https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=10038(2020.3.2アクセス)

*6 e-ヘルスネット、厚生労働省、https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-028.html(2020.3.2アクセス)