· 

副腎疲労ってなんだ?


「副腎疲労」という言葉を聞いたことはありますか?

 

副腎は腎臓の上にある、クルミくらいの小さな臓器ですが、

50種類以上ものホルモンを生産・分泌している内分泌器官です。

副腎でつくられるホルモンは、体内で起こる主な生理的なプロセスのすべてに影響を与えています。

例えば、血糖や血圧のコントロール、免疫機能調整、炎症反応、精神神経系のサポート、骨の代謝作用、性ホルモンの生成などがあります。

 

しかし、この副腎が過度なストレス攻撃をうけると、機能低下を招きます。

副腎がつくるホルモンのなかでも、特に「コルチゾール」というホルモンが適正に分泌されなくなります。

この状態を『副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)』といいます。

 


コルチゾールが正常に分泌されないと、慢性的な疲労感をはじめ、さまざまな不調が身体と心に現れます。

 

~「身体」に現れる具体的な症状~

・朝起きられない、起きるのがつらい

・眠っても疲れがとれない

・体が重い、だるい

・砂糖や甘いものが欲しくなる
・ カフェインがないと、仕事ができない
・午後3時から4時の間はぼんやりしている

 

~「心」に現れる具体的な症状~

・気分の落ち込み

・倦怠感・記憶力や思考力の低下

・感情のコントロールがきかなくなる

 

心と体の健康、そして、免疫力を高めるためにも『副腎ケア』というのは大切です。

では、『副腎ケア』に必要な基本的なことは何でしょう?

主に2つ。

 

①副腎負担になるものを身体にいれない

②副腎が強くなるために、足りない栄養素を身体にいれる

 

です。


その1:副腎負担になるものを身体にいれない

 

副腎負担になるものの代表例として『カフェイン』があります。

(詳細は コラム:『カフェインの過剰摂取は肥満と疲労のもと』参照)

そのほか、小麦(グルテン)、乳製品(カゼイン)、精製砂糖、食品添加物などがあります。

 

しかし、副腎負担になるのは食べ物だけではありません。ストレス(身体的、精神的)も副腎疲労の大きなリスクとなりうるのです。

(詳細はコラム:『副腎疲労を回避する2つのポイント』参照)


その2:副腎が強くなるために、足りない栄養素を身体に入れる

 

 

 

副腎が強くなるために、必要な栄養素を摂り入れなければいけないのですが、

まず大前提として下記のケアが重要です

 

1 腸のケア :栄養をしっかり吸収できる状態にする

2 肝臓のケア:体内に取り込んだ毒素を解毒できるようにする

3 細胞のケア:細胞を活性化させる(ATPの産生)

 

詳しいことは、また後日お話ししましょう。


自分の食生活を見直し、

心身ともに満たされ・今よりもさらに健康でいられる食生活改善指導

確かなエビデンスに基づいたオーダーメイド食生活改善指導を行っています。

3か月で一生続けていける食事・免疫力アップできる食事へ…「YTBメソッド」はこちら