正しい姿勢・正しい歩き方のためには、3つの大切な土台があります。

1つ目:仙骨を立てること(➡詳しくは、「仙骨立て」のページを参照)

2つ目:インナーマッスルを鍛えること

3つ目:関節の可動域を広げること

それぞれ詳しくみていきましょう。

3つ目の「関節の可動域を広げること」について。

関節の可動域が広がると、身体が動かしやすくなります。これは、イメージしやすいかと思います。

身体が動かしやすくなるとどうなるでしょうか?

日常生活の簡単な動きは、関節の可動域の❝余裕❞の中で行われるので疲れないし、スムーズに感じます。

特に、胴体(体幹)部分がしなやかに使えると、腕~胴体~脚の連動性が高まりので、動くときの関節の負担が格段に減ります。

 

これこそが、美しくしなやかな歩きができる身体へとつながり、

結果的に健康で疲れない身体になります。

 

また、『脂肪は関節の可動域が広いところ=よく動くところに蓄積しにくい』という性質があります。

ということは、つまり、『関節の可動域が広がると、痩せやすい身体になる』とういうことで美容的な効果も期待できるということです。