正しい姿勢・歩き方のための3つの土台ができあがりました。

さあ、正しい歩きにうつりましょう。

正しい歩き方というのは、「身体に無理な力が入らない歩き方、つまり、滑らかで疲れにくい歩き方」(正しい姿勢で歩く意味を参照)です。

 

そのために必要なポイントが以下の7つと捉えています。

  1. 仙骨を立てて、正しい立ち姿勢をつくる
  2. 肩と胸を開き、肺の機能を高める姿勢をつくる
  3. つま先と膝の向きをそろえて、真っ直ぐ前に出す
  4. 足はかかとから着地し、膝を伸ばして、前足に乗り込む(歩き方の重心移動と歩幅を参照
  5. 後ろ足のつま先で身体をスッと押し出す
  6. 腕は前だけでなく同じふり幅で後ろにも引くように振る(腕の使い方・上半身の使い方を参照
  7. 顎を少し引き、目線は足下から10mほど前の道へ

ただし、歩き方には人によってさまざまなクセがあります。

日本人は、たくさん歩くことの重要性は理解していますが(1日1万歩歩きましょうというのが代表例)、

歩き方の質を重要視しているひとはほとんどいないと思います。

なので、自分では気が付かなかったり、何が悪いのかが漠然として理解していない方も多い。

 

悪い歩き方は、確実に足腰を痛めます。

正しい歩き方は、独学で、自分の意識である程度まで治すことができるかもしれません。

しかし、なぜウォーキング教室を行っているかというと、一人ひとり全然違うからです。

そして、言葉で理解したつもりになっていても、身体がうまく癖付けできない。

 

だからこそ、私の教室で行う、健康体操ウォーキングエクササイズウォーキングストレッチによって、

正しい歩き方に必要な要素を全てつくりあげることで、正しい歩き方を身に着けるほうが、

一見遠回りなようで、最短の方法なのです。