身体を引き締めきれいに歩くための3原則


教室では「長い腕、長い脚、短い胴体」を意識しながら歩いてもらいます。

正しい歩行で大切にしたいポイントは3つあります。

 

 1 膝とつま先を正面に向ける

 2 膝を曲げない

 3 腕は自然に均等に振る

 

まずは、この3点を意識することが、美しく歩く第一歩です。

 

美しく歩くと聞くと、ショーモデルのキャットウォークのような、しなやかなウォーキングをイメージすると思いますが、いきなりやろうとしても難しいですし、かえって身体を痛めてしまいます。

美しく歩くとは、何度もお伝えしているように「力が抜けて楽な状態で歩く」こと。

 

1 一本の線の上を歩く

 おへそのあたり(丹田)から、身体を上下に引っ張るような感じでピンと伸ばし、

 身体の中心線から伸びた一本の線の上を歩くように。

 ただし、モデルのような1本線の上を歩くと、身体は不安定になりやすいです。

 なので、『1本の線上の真横に足先と膝が真っすぐ向くように左右に歩く』の意識が安定しやすいです。

 正面から見ると、身体はVの字になるのがポイント。

 

2 膝を曲げない

 上に引っ張られているような感覚で、着地した脚にしっかりと体重を乗せ、膝を真っ直ぐ伸ばすこと。

 多くの方が膝を曲げて歩いていますが、そうなると確実に膝痛や浮腫みに繋がります。

 しかし、これも『膝の伸ばしすぎ』はNGです。よく「膝を伸ばして、踵から着地する」というという言葉がありますが、これだと、足が突っ張り棒状態となり、着地足の足首や膝に不可や衝撃がダイレクトに伝わり、故障要因となります。自然に伸ばすが理想です。

 

3 腕は自然に均等に振る

 『歩行』とは全身の運動です。しかし、腕を元気に大きく振って歩くのとは異なります。

 腕を元気に大きく振る人の多くは、『肘が上半身より前に出ている』ことが多いです。

 上腕を上半身(お腹)より前に出して歩いていると、身体は自然と前かがみになり、巻き肩・猫背・肩こり・頭痛などを引き起こします。なので、腕は前だけではなく後ろにも均等に振れるようにしましょう。

 腕を後ろに引けるようになると、前後のバランスがよくなるので姿勢が改善されるだけではなく、肩甲骨周りにも刺激が入り、褐色脂肪細胞が活性化されることで、二の腕や背中のシェイプアップにもつながります。

 しかし、ただ、やみくもに後ろに大げさに振ると、身体の重心のバランスが崩れてしまうので、

 『自然に』『均等に』振るという動作が身につけられるのが理想です。